産業廃棄物処理業界における労働災害防止計画の推進について

 一般社団法人長崎県産業廃棄物協会では、産業廃棄物処理業界における労働災害防止対策の徹底を図り、労働災害を撲滅するために、平成29年度を実施初年度とする「産業廃棄物処理業における労働災害防止計画」を策定し、活動を進めております。本計画では、具体的な目標として、計画期間中の労働災害による死亡者数及び休業4日以上の死傷者数をそれぞれ平成24~26年実績平均に比して全ての都道府県において20%以上削減することを設定しております。
 つきましては、当業界の取り組みの趣旨をご理解いただき、産業廃棄物処理業者の方々には下記アドレスにて資料をご確認いただき、ご活用いただければと思います。

 

公益社団法人全国産業廃棄物連合会 安全衛生

http://www.zensanpairen.or.jp/disposal/07/index.html

平成29年度優良産廃処理業者育成支援アドバイザー派遣について

 平成29年9月1日より、長崎県内の産業廃棄物処理業者のなかで「優良産廃処理業者認定制度」の取得希望者の事務所に赴き、希望者の抱える問題点に対して直接、問題解決のための相談・指導を行うアドバイザーを派遣いたします。

申込希望者の方は、下記派遣要綱及び派遣申込書にてお申し込みください。

 

優良産廃処理業者育成支援アドバイザー派遣要綱(PDF)

優良産廃処理業者育成支援アドバイザー派遣申込書(Excel)

講習会の更新

平成29年度講習会日程を掲載しました。

お知らせ

このたびの公益法人制度改革に伴う移行認可を受け、一般社団法人長崎県産業廃棄物協会として、平成25年4月1日よりスタートしました。なお、住所、電話等の変更はありません。

古紙への昇華転写紙混入防止について

昇華性インクで印刷された使用済み転写紙が、カバンや靴の詰物(緩衝材)として使用されています。こうした転写紙は、製紙原料には使用できませんので、古紙には絶対に混ぜないで下さい。

 

詳細についてはこちらへ(パンフレット)

お知らせ

長崎県と締結した災害廃棄物の処理に関する協定が経営審査事項(建設業)の加点対象となることについて 

ホームページ開局お知らせ

公開しました。